●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

方針管理とは(やり方)


TQM(総合的品質管理)には、「方針管理」というものがあります。


方針管理とは


「方針管理」とは、組織が決めた方向に、組織一丸となって取り組む活動です。

「日常管理」は、毎日やることですが、「方針管理」は、トップが決めた目標(方針)に向かって、企業の全部署で「方策」や「管理項目」、「管理水準」などを展開して、おこなう活動です。

「日常管理」は、ボトムアップですが、「方針管理」はトップダウンの活動です。


例えば、
「製造コスト○%削減」などの目標に対して、各部門が一丸となってコスト低減活動をおこないます。


方針管理のやり方


「方針管理」のやり方です。
「方針管理」は、次のステップでおこないます。

1.目標を立てます。


「コスト20%削減」などです。

2.目標を展開します。


目標を達成するために、組織別に達成する目標を決めます。

3.組織別の目標を達成するための方策を立てます。


4.方策を実施します。


5.定期的にチェックします。


6.実施結果を調べてそれに基づいて処置します。


目標を達成できた所と出来なかった所を明確にします。
出来なかった場合の原因を調べます。
必要であれば、対策、目標などを見直します。
PDCAを回します。


通常、「目標」は、1年間で達成します。





[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:172209

<<全ページのメニューリストです>>