●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

作業標準書とは(目的・内容・種類・体系例)


作業標準書

「作業標準書」について説明します。


作業標準書とは


「作業標準書」には、作業の手順と作業をおこなう上でにポイントとなる事柄、使うべき工具などがわかりやすく記載されています。
手順書ですね。

主に、初心者への教育に使用します。

標準化とは


でも、「作業標準書」を作成する為には、「工程」などで、作業が「標準化」されている必要があります。

「作業標準書」を理解する前に、まず「標準化」を理解する必要があります。

「標準化」について説明します。

「標準化」について、「JIS」には次のように定義しています。

「実在の問題または、おこる可能性のある問題に関して、与えられた状況において最適な秩序を得ることを目的として、共通にかつ繰り返して使用するための記述事項を確率する活動」
です。

「標準化」とは、
製品・サービスの品質・質をばらつきがなく一定レベル以上にする方法です。


標準化の目的


「標準化」は、製品やプロセスを統一または単純化し、製品やサービスの品質の改善、生産、使用の合理化や取引の公正化を図っています。

「標準化」には次のような目的があります。

  • 互換性のある製品を作ることができます。
  • 個人の判断が入るのを少なくすることができます。
    全体の効率も上がります。
  • 品質上、押さえるべき個所を明確にすることができます。
    品質に影響する品質特性、管理水準を明確にしてバラツキを少なくすることができます。
  • 改善が容易になります。
    人によってやり方が異なると原因追究が難しくなります。

「標準化」をおこない、「QC工程表」(QC工程図)や「作業標準書」を作成します。


作業標準書の目的


「作業標準書」には、次のような目的があります。

  • 作業者による作業方法のバラツキを少なくします。
  • 改善の結果、最も良い方法として定めています。
  • 新入社員の教育訓練として使用します。
  • ノウハウの蓄積として定めています。

などです。


作業標準書の内容


「作業標準書」は、特に決まった帳票はありません。

一般的には、次のような内容を入れた方がよいと思います。

  • 適用範囲
  • 作業目的
  • 使用する材料、部品、情報
  • 使用する設備、機器、システム
  • 作業者の職務、職位
  • 管理者の職務、職位
  • 作業を担当する人が持つべき資格・技能
  • 作業時期、作業場所
  • 作業の手順、やり方
  • 品質規格/品質特性、その計測方法
  • 品質、安全上で注意すべき事項
  • 異常時の処置

などです。


企業の作業標準書の種類


「作業標準書」は、手順書、やり方ですが、企業では、間接部門もありますので、広い意味でも使用されています。
「作業標準書」は、上位のレベルから下位のレベルまであります。
「作業標準書」には次のようにいろいろな種類があります。
一例です。

  • 規程
  • 規則
  • 規定
  • 規格
  • 要領
  • 指示書
  • 作業標準書

などです。

企業によって異なりますが、一般的な繋がりの例です。

基本的大綱 基本的大綱の
具体的な展開
具体的な作業
一般規則 XX規則 XX細則 XX手続、要領
管理規定 XX規定 XX細則 XX手続
技術規格 XX規定 XX細則
技術標準 XX細則 XX手続、XX標準

それぞれの内容の概要です。

  • 規定
    部署の機能についての取り決めを規定します。
    主管部門、関連部門、体系、日常管理、会議体、職務分掌を規定します。
  • 規則
    規定を受けて、内容の規則を定めます。
    異常と異常処理を定義します。
  • 細則
    実際の作業についての詳細を定義します。
  • 要領
    治歳の作業のやり方について説明します。
    作業標準書のようなものです。


企業の作業標準書の体系例


企業の「作業標準書」の体系の例です。

企業によって異なっていますが、一般的な例について説明します。

1.機能や内容別の体系例


「機能や内容別」の社内標準の例です。

機能・内容 標準例
(1) 総括的な標準 社内標準管理規定、品質管理規定
(2)設計・製品関係の標準 製品規格、設計標準、図面管理規定
(3)製造関係の標準 製造技術標準、作業標準、作業指導票
(4)試験・検査関係の標準 検査規格、検査業務規定
(5)資材関係の標準 原材料規格、部品規格、購買管理規定、外注管理規定
(6)設備関係の標準 設備管理規定、計測器管理規定
(7)保管・運搬関係の標準 包装規格、倉庫管理規定、運搬管理規定
(8)苦情処理関係の標準 苦情処理規定
(9)安全・衛生関係の標準 安全管理規定、衛生管理規定、公害防止規定

2.業務と技術別の体系例


「業務」と「技術」に分けた時の社内標準の例です。

内容 区分 標準例
1.企業の一般的な規則 - 定款、就業規則、組織協定、職務分掌規定、職務権限規定、会議規定
2.業務標準 (1)総括 品質管理規定、標準管理規定、苦情処理規定
(2)人事 教育訓練規定、資格認定規定
(3)経理 出張旅費規定
(4)営業 販売管理規定、顧客情報管理規定
(5)資材 購買業務規定、外注管理規定
(6)技術 研究管理規定、製品開発規定、設計管理規定
(7)製造 生産管理規定、不良品処理規定
(8)設備 設備管理規定
(9)倉庫・運搬 倉庫管理規定
(10)検査 検査業務規定
3.技術標準 (1)設計・製品 製品規格、図面、設計標準、製図方式、図面様式
(2)材料 材料規格
(3)部品 部品規格
(4)治工具・副資材 治工具規定、副資材規定
(5)設備 設備保全基準
(6)製造 製造技術標準、作業標準、QC工程表、作業指導票
(7)試験・検査 検査規格、試験標準
(8)倉庫・運搬 包装規格、包装材料規格

参考にしてください。


●「標準化」の関連ページです。



[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:172209

<<全ページのメニューリストです>>