●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

パレート図


「QC七つ道具(QC7つ道具)」の「パレート図」について説明します。


パレート図とは


パレート図とは、データを項目別に分類して、大きさの順に並べた図です。
原因や現象などの分類項目別に重点項目が一目でわかります。
不具合内容別の不具合件数や、不良内容別の不良個数などに使用されます。


イタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレートが考案しました。

重要な項目を抽出することができます。

データを層別して、大きい順に棒グラフを作成し、累積比率を折れ線グラフで表示します。


パレート図の例


パレート図の例です。

パレート図


パレート図の使用目的


パレート図の使用目的です。

「パレート図」には次のような使用目的があります。

  • どの項目に問題があるか把握することができます。
    重点的に取り組む問題を引き出すことができます。
  • その影響がどの程度か把握することができます。
  • 改善前と改善後の効果を確認することができます。
  • 業務報告や記録に使用されます。

です。


パレート図のメリット


パレート図のメリットです。

  • データだけを見ていたのでは、分類項目の影響がわかりませんが、「パレート図」を書く事で一目でわかるようになります。


パレート図のまとめ方


パレート図のまとめ方について説明します。

「パレート図」は次のステップでまとめてゆきます。

1.データの分類項目を決めます。


「不良項目別」、「場所別」、「機械別不良数」などです。
データとしては、「不良数」、「欠点数」、「所要時間」などです。
「損失金額」などもよいですね。

2.期間を決めてデータを取ります。


3.分類項目別にデータを集計します。


  • データの大きい順に項目を並べかえます。
    累積数も計算しておきます。

  • 項目ごとにデータ数と累積数の%を計算しておきます。

分類項目がたくさんある場合は、データの小さい項目はまとめて、「その他」として、右に置きます。

4.グラフ用紙に縦、横軸を記入します。


縦軸にデータ数の目盛を入れます。

5.データの大きい順に棒グラフを書きます。


6.データの累積数を折れ線グラフで記入します。


  • 右端に縦軸を書きます。
    折れ線の終点が100%と書きます。
  • 0から100%の間を定規、コンパスなどで、10等分し、%の目盛を入れます。

7.データの期間、記録者、目的などを記入します。



パレートの法則


「パレートの法則」とは「パレート図」を考案したヴィルフレド・パレートが発見した法則です。

「80:20」の法則とも呼んでいます。

例えば、
購入購入金額の「80%」は、全購入品の中の上位「20%」で占められている。
と言われています。

この「20%」の購入品については、品質や納期及び支払いに与える影響が大きいため、納期遅れや品質不良などを絶対に出さないように、重点管理をおこなう必要があります。





[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:521311

<<全ページのメニューリストです>>