●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

品質管理は、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)が基本


「5S」って聞いたことがありますか?

「5S」とは


製造の現場では、「5Sに始まり5Sで終わる」と言われています。

「5S」とは、「整理(SEIRI)」「整頓(SEITON)」「清掃(SEISOU)」「清潔(SEIKETU)」「躾(SHITUKE)」のローマ字表記で、「S」で始まることから、「5S」と呼んでいます。

「品質管理」、「品質改善」、「日常業務」の基本となる活動です。

まず「5S」がしっかりおこなわれることが重要です。

「5S」ののそれぞれについて説明します。


「5S」(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の目的とやること


「5S」の「整理(SEIRI)」「整頓(SEITON)」「清掃(SEISOU)」「清潔(SEIKETU)」「躾(SHITUKE)」について説明します。


5S やること 目的
1.整理
(SEIRI)
必要なものと、不必要なものを分けます。
不必要なものは、処分します。
ムダを発見し除去します。
2.整頓
(SEITON)
何がどこにあるかわかるような状態にすることです。 効率よく仕事ができます。
3.清掃
(SEISOU)
きれいな状態にすることです。 職場環境を良い状態に維持管理することができます。
4.清潔
(SEIKETU)
整理、整頓、清掃を維持することです。 改善することができます。
5.躾
(SHITUKE)
指示を仰がずに自分で率先しておこなうことです。 教育訓練をおこなうことができます。





[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:172209

<<全ページのメニューリストです>>