ISO9000sとTQMの比較


「ISO9000s」と「TQM」を比較しました。

日本には、ISO以前から、「TQC」(Total Quality Control:全社的品質管理)がありました。

1996年に、経営全般の質を上げるための「TQM」(Total Quality Managemant:統合的品質管理)に変わりました。

「TQM」は、製品の品質はもとより、サービス、経営の質の向上を追求する「品質管理」活動です。

「ISO9000s」を作るとき、日本の「TQC」「TQM」をかなり参考にしたと言われています。

「ISO9000s」と「TQM」には同じ所もありますが異なっている所もあります。

「ISO9000s」と「TQM」の比較です。


内容 ISO9000s TQM
考え方 顧客からの要求を守る 顧客満足を確保する
コンセプト 品質管理システムの構築と維持管理 品質改善をおこなっていく
品質レベル 品質システムの要求事項を満足する 企業の目標設定と成果が要求される
管理 トップダウン ボトムアップと一部トップダウン
業務 マニュアル・文書化 標準書、QC工程表
品質管理の
やり方
守りの品質管理 攻めの品質管理
品質レベルの
確認
認証機関が審査 特になし
(デミング賞はあるが効果は?)


もし、あなたの企業が「品質管理」が出来ていなくて、今から整備してゆくのであれば、「ISO9000s」を導入するのがよいと思います。
ある一定レベルになると思います。

「品質管理」が、ある一定レベルになったあと、「TQM」で品質を改善していって、もっと高いレベルの「品質管理」を実践した方がよいと思います。

「ISO9000s」を導入しても、品質がよくならないと言う経営者がいます。

「ISO9000s」と「TQM」は根本的に違いますからね。

「ISO9000s」は「維持管理」です。
「TQM」は「品質改善活動」です。

「品質改善」をおこなわないと、品質はよくなりません。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者