日常管理


TQM(総合的品質管理)には、「日常管理」というものがあります。

■1.日常管理とは

「日常管理」とは、組織として、日々おこなう管理活動です。

毎日おこなうことです。

「方針管理」でカバーできない、通常の業務について組織的に取り組むための仕組みです。

維持する活動と改善活動が含まれています。


■2.日常管理のねらい

標準どおり仕事をおこなうとともに、その中で標準化の不完全さを見つけたり、改善活動をおこない、それらを標準書などに追加、改訂をおこないます。

「日常管理」の対象は「異常」です。

「日常管理」では、通常の状態から大きく外れている状態をみつけ、確実な原因追究をおこない、再発防止をおこなうことが重要です。


■3.日常管理の進め方

「日常管理」は次のステップで進めます。
  1. 部門別に「職務」を明確にします。

  2. 「管理項目」、「管理水準」を決定します。

  3. 検出した異常に対して、確実な原因追究と対策を実施します。

  4. 「QC工程表」や「作業標準書」などを改訂します。


「QC工程表」や「作業標準書」などを作成した方がよいと思います。
「管理項目」、「管理水準」、「異常処理」などを記入します。


■4.日常管理の内容

日常管理には、特に決まった帳票はありませんが、次のような内容を入れた方がよいと思います。

次は、一例です。

内容
業務 出荷業務
管理項目 特性 納期達成率
管理項目 単位
管理担当 出荷部門の課長
管理間隔、頻度 毎日
処置基準 90%以下
管理帳票 納期達成率推移グラフ






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者