作業標準書


「作業標準書」について説明します。


■1.作業標準書とは

「作業標準書」には、作業の手順と作業をおこなう上でにポイントとなる事柄、使うべき工具などがわかりやすく記載されています。
手順書ですね。

主に、初心者への教育に使用します。


■2.作業標準書の目的

「作業標準書」には、次のような目的があります。

  • 作業者による作業法のバラツキを少なくします。

  • 改善の結果、最も良い方法として定めています。

  • 新入社員の教育訓練として使用します。

  • ノウハウの蓄積として定めています。

などです。


■3.作業標準書の内容

「作業標準書」は、特に決まった帳票はありません。

一般的には、次のような内容を入れた方がよいと思います。

  • 適用範囲

  • 作業目的

  • 使用する材料、部品、情報、

  • 使用する設備、機器、システム

  • 作業者の職務、職位

  • 管理者の職務、職位

  • 作業を担当する人が持つべき資格・技能

  • 作業時期、作業場所

  • 作業の手順、やり方

  • 品質規格/品質特性、その計測方法

  • 品質、安全上で注意すべき事項

  • 異常時の処置

などです。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者