品質管理検定(QC検定)ー3級


品質管理検定(QC検定)3級について説明します。

製造業に限らず、企業で働く人は、全員、知っておく必要があります。
学生の方は、事前に、4級を学習された方が良いと思います。

業務改善に生かすためには、「QC七つ道具」や「新QC七つ道具」の具体的な作成方法や活用方法を理解しておく必要があります。


日本規格協会のホームページから抜粋しています。

  1. 設定する知識と能力のレベル、QC 七つ道具については作り方・使い方をほぼ理解しており、改善の進め方の支援・指導を受ければ,職場において発生する問題をQC 的問題解決法により、解決していくことができ,品質管理の実践についても,知識としては理解しているレベルです。
    基本的な管理・改善活動を必要に応じて支援を受けながら実施できるレベルです。

  2. 対象となる人材像

    • 業種・業態にかかわらず自分たちの職場の問題解決を行う全社員 《事務,営業,サービス,生産,技術 を含むすべて》
    • 品質管理を学ぶ大学生・高専生・高校生

  3. 品質管理の手法

    ■データの取り方・まとめ方
    • データの種類
    • データの変換
    • 母集団とサンプル
    • サンプリングと誤差
    • 基本統計量とグラフ

    ■QC 七つ道具
    • パレート図
    • 特性要因図
    • チェックシート
    • ヒストグラム
    • 散布図
    • グラフ(管理図別項目として記載)
    • 層 別

    ■新QC 七つ道具【定義と基本的な考え方】
    • 親和図法
    • 連関図法
    • 系統図法
    • マトリックス図法
    • アローダイアグラム法
    • PDPC 法
    • マトリックス・データ解析法

    ■統計的方法の基礎【定義と基本的な考え方】
    • 正規分布(確率計算を含む)
    • 二項分布(確率計算を含む)

    ■管理図
    • 管理図の考え方,使い方
    • エックスバー R管理図
    • p 管理図,np 管理図【定義と基本的な考え方】

    ■工程能力指数
    • 工程能力指数の計算と評価方法

    ■相関分析
    • ・相関係数






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者