「QC工程表」の項目例


「QC工程表」の項目について説明します。

「QC工程表」には、決まったものはありません。
それぞれの企業に合わせて作成すればよいと思います。

一般的には、「QC工程表」には、次のような項目があります。

大きく、3つのグループに分けられます。

  1. 製品に関する情報

  2. 工程に関する情報

  3. 文書管理に関する情報

です。

それぞれについて説明します。


■1.製品に関する情報

製品に関する情報です。

例としては、次のようなものがあります。

  • 製品コード

  • 製品名称

  • 製品の形状、寸法

  • 製品の重量

  • 製品の物理的特性、化学的特性、電気的特性

  • 材質

  • 機能、性能\n

などです


■2.工程に関する情報

工程に関する情報です。
品質上は、ここが一番重要です。


項目 詳細項目 説明
・工程 ・工程番号 加工順番です。
・工程記号 工程記号です。
・工程名 工程名です。
・設備、機械、治工具名 工程で使用する設備、機械、治工具名です。
・部署 管理する責任の部署です。
・管理点 ・管理項目 工程で管理すべき品質の項目です。
・品質特性 管理する品質の品質特性です。
・管理方法 ・検査方法 検査する方法です。
・検査時期、頻度 検査の時期と頻度です。
・使用機器 検査する測定機器や計測機器です。
・担当者 検査して記録する担当者です。
・責任者 品質管理項目の責任者です。
・帳票類 記録する帳票です。
・システム 使用するシステムなどです。
・異常処理 異常があった場合の処置を記入します。
・関連文書 関連文書です。


■3.文書管理に関する情報

文書管理に関する情報です。


項目 説明
文書番号 文書の番号です。
作成日 作成した日付です。
改訂日 改訂した日付です。
作成者 作成した人です。
承認者 承認した人です。


それぞの企業に合わせて、項目を作成すればよいと思います。
大切なことは、品質に関係する項目は、全部入れる必要があります。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者