「QC工程表」の作成の流れ


「QC工程表」の作成の流れについて説明します。

「QC工程表」(QC工程図)は、次のステップで作成します。

  1. 「QC工程表」のフォーマット、書式を決めます。

  2. 製品情報を収集します。

  3. 製造工程情報を収集します。

  4. 各工程の管理項目(管理ポイント)をリストアップします。

  5. 各工程の管理項目(管理ポイント)の管理方法や管理基準を
    明確にします。

  6. 「QC工程表」を作成します。

  7. 作成した「QC工程表」を確認し承認します。

  8. 標準書など、正式な文書として発行します。

  9. 適時に変更管理をおこないます。

です。

それぞれについて説明します。


■1.「QC工程表」のフォーマット、書式を決めます。

「QC工程表」は、企業によって異なっています。
製造する製品や製造方法によっても異なります。
品質を管理するために、自社製品に合った最適な「QC工程表」のフォーマット、書式を決めます。


■2.製品情報を収集します。

製品情報とは、製品に関する情報です。
品質に関係するものを、いれます。

製品設計、製品規格書、仕様書、部品表などから収集します。


■3.製造工程情報を収集します。

製造工程の情報です。

工程設計などから収集します。


■4.各工程の管理項目(管理ポイント)をリストアップします。

品質に影響を与える、品質特性の管理項目をリストアップします。


■5.各工程の管理項目(管理ポイント)の管理方法や管理基準を明確にします。

管理項目の管理基準を明確にします。
管理基準を外れたときの「異常処置」なども明確にします。

■6.「QC工程表」を作成します。

「QC工程表」を完成させます。

■7.作成した「QC工程表」を確認し承認します。

製造部門長は、「QC工程表」が実施可能かチェックします。

「QC工程表」は、品質管理部や品質保証部が承認します。


■8.標準書など、正式な文書として発行します。

「QC工程表」は、標準書などとして、正式に発行します。
関係部署に配布します。


■9.適時に変更管理をおこないます。

「QC工程表」は、作成し、製造工程で実施されれば、終わりではありません。
状況に合わせて、改訂することが重要です。

製造工程では、次のようなことが、発生します。

  • 不良が発生します。

  • 作り方の無駄を発見します。

  • QCサークルなどで、品質改善活動をおこないます。

  • その他の改善

などです。

これらによって、「QC工程表」の内容が変わる場合が、あります。

このことを「変更管理」と呼んでいます。
作り方が変わることです。

この「変更管理」で、必ず「QC工程表」を改訂する必要があります。
多くの場合「作業標準書」も変更されます。

品質管理のレベルを上げるためには、「変更管理」をおこない、「QC工程表」や「作業標準書」に反映することが重要です。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者