問題解決のステップ(QCストーリー)


「問題解決のステップ」(QCストーリー)です。

問題に対して、改善を行うための基本的な手順(ステップ)です。

「QCサークル」などの「小集団活動」などが、問題に対して進める方法です。

それぞれのステップで、「QC七つ道具」や「新QC七つ道具」を使って、データや情報を整理します。

「問題解決のステップ」は、次のステップでおこないます。
「QCストーリー」とも呼んでいます。



問題解決の
ステップの名称
QCストーリの名称 内容
1.目的の明確化 テーマの選定 問題点を洗い出して、問題点の把握をおこないます。
改善テーマの選定をおこないます。
2.現状レベルの把握と目標レベルの設定 現状の把握と目標の設定 現状の把握
現状を分析します。
目標の設定
目標を設定します。
3.スケジュールの作成 活動計画の作成 どのように進めていくか責任と実施時期を明確にします。
4.原因の究明 要因の解析 結果と要因の関係を明確にします。
5.対策の検討と実施 対策の検討と実施 対策案を作成します。
対策をおこないます。
6.効果の確認 効果の確認 対策前と対策後で効果を確認します。
7.標準化と管理の定着 標準化と管理の定着 歯止めをおこないます。
標準書などを作成、改訂をおこないます。
日常管理に取り入れます。


「QCサークル」がこの「問題解決のステップ」や「QCストーリー」でステップ別におこなうことにより、誰でも
品質の改善活動をおこなうことができるようになりました。

このとき、統計的な考え方や「QC七つ道具」「新QC七つ道具」などの統計的な手法を使用することが重要です。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者