チェックシート


「QC七つ道具」の、「チェックシート」について説明します。

■1.チェックシートとは

「チェックシート」とは、あらかじめチェックする項目を決めておき、その内容を簡単にチェックできる表または図のことです。
事実を確認したり、項目別の情報を簡単に取得することができます。


■2.チェックシートの例

チェックシート


■3.チェックシートの種類

「チェックシート」には、次のように2つの種類があります。

  • 記録用チェックシート
  • 点検用チェックシート

です。

それぞれについて説明します。
  1. 記録用チェックシート
    「記録用チェックシート」は、データをいくつかの項目別に分類して、マーキングできるようにした表または図です。
    データの記録として使用することができます。
    記録が終わったときは、全体としてどの項目に集中しているのか一目でデータを把握することができます。

  2. 点検用チェックシート
    「点検用チェックシート」は、確認しておきたい事項を書きならべた表です。
    この「チェックシート」に書かれた項目をチェックします。
    仕事の確認などに使用することができます。
    事故や間違いを防止することができます。


■4.チェックシートの目的

「チェックシート」には次のような目的があります。

  • 誰でも、間違わずにチェックすることができます。

  • 誰でも、短い時間でチェックすることができます。

  • 集計するのが簡単です。

などです。


■5.チェックシートの用途

「チェックシート」には次のような用途があります。

  • データの記録として使用します。

  • 不良や欠点の発生状況などの記録に使用します。

  • 不良や欠点の発生要因の調査などに使用します。

  • 特性の分布などに使用します。

  • 作業の実施、機械整備の実施などを確認するために使用します。

  • 不良・事故を予防するためや安全を確保するために使用します。

などです。


■6.チェックシートのまとめ方

「チェックシート」は「記録用チェックシート」、「点検用チェックシート」ごとに次のステップでまとめてゆきます。

  1. 記録用チェックシートの書き方

    • (1)取り上げるデータと分類項目を決めます。
      特性要因図の特性がデータになります。
      要因が分類項目になります。

    • (2)記録するための形式を決めます。
      表を使うか図を使うか決めます。

    • (3)データをマーキングします。

  2. 点検用チェックシートの書き方

    • (1)点検すべき項目を書きならべます。

    • (2)点検の順序がある場合は順序別に並べます。

    • (3)点検すべき項目はできるだけ「機械」、「工程」、「人」などで層別します。







[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:200110

運営者