パレート図


「QC七つ道具」の「パレート図」について説明します。

■1.パレート図とは

「パレート図」とは、データを項目別に分類して、大きさの順に並べた図です。
重要な項目を抽出することができます。

■2.パレート図の例

パレート図


■3.パレート図の使用目的

「パレート図」には次のような使用目的があります。

  • どの項目に問題があるか把握することができます。
    重点的に取り組む問題を引き出すことができます。

  • その影響がどの程度か把握することができます。

  • 改善前と改善後の効果を確認することができます。

  • 業務報告や記録に使用されます。

です。


■4.パレート図のメリット

・データだけを見ていたのでは、分類項目の影響がわかりませんが、「パレート図」を書く事で一目でわかるようになります。


■5.パレート図のまとめ方

「パレート図」は次のステップでまとめてゆきます。

  1. データの分類項目を決めます。

    「不良項目別」、「場所別」、「機械別不良数」などです。
    データとしては、「不良数」、「欠点数」、「所要時間」などです。
    「損失金額」などもよいですね。

  2. 期間を決めてデータを取ります。

  3. 分類項目別にデータを集計します。

    • データの大きい順に項目を並べかえます。
      累積数も計算しておきます。

    • 項目ごとにデータ数と累積数の%を計算しておきます。

    分類項目がたくさんある場合は、データの小さい項目はまとめて、「その他」として、右に置きます。

  4. グラフ用紙に縦、横軸を記入します。
    縦軸にデータ数の目盛を入れます。

  5. データの大きい順に棒グラフを書きます。

  6. データの累積数を折れ線グラフで記入します。

    • ・右端に縦軸を書きます。
      折れ線の終点が100%と書きます。

    • 0から100%の間を定規、コンパスなどで、10等分し、%の目盛を入れます。

  7. データの期間、記録者、目的などを記入します。







[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:200110

運営者