新QC七つ道具とは


「新QC七つ道具」って聞いたことがありますか?

「新」がついていない「QC七つ道具」は、製造現場などで、不良解析やデータの分析などの数値解析に使用されています。

でも、営業や企画、設計などの品質改善や新製品開発などでは、数値解析では、難しいですね。
言語データが多いですから。

その為に、間接部門などでの言語情報や文字情報により問題の方向性を見出す手法として、生まれたのが、「新QC七つ道具」です。

いろいろな言語情報を整理し問題を浮かび上がらせます。
組織の全員が、互いに協力して正しい活動方向に導きます。

「新QC七つ道具」は、複雑に絡み合った問題を整理することができます。
問題が絞り込まれ計画が立てやすくなります。

でも、実際に使いこなすのは、言語情報ですから、かなり難しいですね。

「新QC七つ道具」は次のような種類があります。

  • 親和図法
  • 連関図法
  • 系統図法
  • マトリックス図法
  • アローダイアグラム
  • PDPC法
  • マトリックスデータ解析法

です。

7つの手法があります。

それぞれについて概要を説明します。

  1. 親和図法

    「親和図法」は、言語データを、グループ分けして、「整理」、「分類」、「体系化」する方法です。
    問題の「親和性」、「構造」を整理することができます。

  2. 連関図法

    「連関図法」とは、原因と結果、目的と手段などが絡み合った問題について、その関係を論理的につないでいくことによって、問題を解明する方法です。
    複雑に絡み合った問題の因果関係を明らかにすることができます。

  3. 系統図法

    「系統図法」とは、目的と手段を系統づけて対策を整理する方法です。

  4. マトリックス図法

    「マトリックス図法」は、「系統図法」によって展開した方策の重みづけや役割分担などを決めるのに使用される方法です。
    2つの要素を「行」と「列」に並べて、その対応関係を明確にすることができます。

  5. アローダイアグラム法

    「アローダイアグラム法」は、問題の解決の作業が絡み合っている場合、「各作業の関係」と「日程のつながり」を明確にする方法です。

  6. PDPC法

    「PDPC法」は、目標達成までの不測の事態に対応した代替案を明確にする方法です。
    事前に考えられるさまざまな結果を予測して、プロセスの進行をできるだけ望ましい方向に導きます。

  7. マトリックスデータ解析法

    「マトリックスデータ解析法」とは、2つ以上のデータを解析することにより傾向が一目でわかる方法です。
    問題の整理や解決の糸口を探すことができます。


詳細については別途説明します。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者