「ばらつき」を管理する


製品の不良は何故、発生するのでしょうか?

製品には、設計品質として、決められた目標値や規格があります。

製造した全部の製品が、目標値や規格の許容範囲内であればよいのですが、全部の製品が許容範囲内にあることは、ありません。

製造した、製品には、必ず「ばらつき」が発生します。

許容範囲内にないものは不合格、不良品になります。

「不良」が発生するのは、材料を購入し、加工、組立をおこなうときに「ばらつき」が生じるためです。


では、どういう「ばらつき」があるのでしょうか?

主に、次の5つの「ばらつき」があります。

  • 材料、部品の「ばらつき」

  • 設備、機械の「ばらつき」

  • 作業者の「ばらつき」

  • 加工や組立など作業方法の「ばらつき」

  • 検査、測定の「ばらつき」

などです。


なぜ、不良は発生するのでしょうか?

上の「5つの特性」に「ばらつき」が発生し、結果的に、製品の出来栄え(品質)に「ばらつき」が発生します。

「不良」は、製品の出来栄え(品質)が、設計品質で設定した目標値や規格からはずれることです。


では、どうすれば、「不良」を無くせるでしょうか?

製品の出来栄え(品質)がばらつくのは、上の「5つの特性」に「ばらつき」が発生することです。

「不良」を無くすには、上の「5つの特性」に着目して、「ばらつき」に影響を与える要因を発見し、排除することです。

この「ばらつき」の原因を発見したり、管理するために、いろいろな道具ややり方があります。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:190110

運営者