継続的改善


「継続的改善」について説明します。

問題が発生した場合、発生した異常に対して、原因を究明して抜本的な対策をおこなう必要があります。

その結果、「ばらつき」が小さくなり、安定した状態になります。

「管理」と「改善」は、技術の進歩のための重要なステップです。

「管理のサイクル」で説明したように、PDCAを回しながら、

標準化―>管理―>改善―>標準化―>管理―>改善

を段階的に進めてゆきます。

このことを「継続的改善」と呼んでいます。

品質管理は、「継続」することが重要です。

そして、改善した「再発防止」の対策をきちんと標準化しておくことが重要です。






[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
09:200110

運営者