品質管理の知識


あなたの会社の「品質管理」はうまくいっていますか?

品質管理とは何でしょうか。

ビジネスで、一番重要なのは、「品質(Quality)」、「価格(Cost)」、「納期(Delivery)」です。

その中でも、「品質(Quality)」が重要です。

「品質」がよくないと製品が作れません。

「品質」をよくするためには 「品質管理」が必要になります。

第二次世界大戦後、日本は高度成長期に入りました。
その時点では日本で製造した製品は、「安かろう悪かろう」というものばかりでした。

その時、日本はアメリカから、「品質管理」を導入しました。
「統計的品質管理」です。

その後、アメリカから導入した品質管理は進化し、「QCサークル活動」「QC七つ道具」「新QC七つ道具」「統計的方法」などが生まれ、「TQC」(全社的品質管理)へと発展してゆきました。

その過程で、いろいな「品質管理」のツールなどが開発されました。

「品質管理」も製造部門だけではなく、設計、販売、サービスや間接部門なども含んだ企業全体の活動になってゆきます。

そして、日本の企業は、世界一の品質になりました。

その後、1991年のバブル崩壊で、日本は不景気になります。

また、グローバル化やシステム化の波に襲われました。

TQCだけでは対応できなくなり、一時のTQCブームは急激に冷めていきました。

グローバルに対応するために、ISO規格が導入されました。
品質関係のISOは「ISO9000sファミリー」です。
「ISO9000s」のなかには、日本の「TQC」が取り入れられています。

「TQC」は、「TQM」(総合的品質管理)に変わりました。
過去から現在まで、「品質管理」は、進化しています。

「品質管理」は、ともすれば、テクニック的な面ばかりに焦点が当てられがちです。
実は個々のテクニックよりも、その「目的」や「基本となる考え方」を、まず理解することが大切です。

品質管理の「基本的な考え方」やISOの「品質マネジメントの原則」です。

その次に、いろいろな道具、ツールを理解する必要があります。

「品質管理の基本となる考え方」を軽んじてしまったばかりに、品質管理活動に行き詰まってしまったり、改善どころか逆に、間違ったことを実行してしまったりという例が後を立ちません。

バブル崩壊後、企業ではリストラの嵐が吹きました。
また、団塊の世代の退職もあります。
「品質管理」の継承がだんだん難しくなっています。

世界一の「品質管理」を持つ日本には、長年、積み上げてきた考え方や手法がたくさんあります。
でも、多すぎて混乱していることもあると思います。

このホームページは、これから「品質管理」を検討している方、
これから「品質管理」を勉強したい方のために、「品質管理」をわかりやすくまとめました。


まず、考え方や全体像を理解して、それぞれの内容を理解してください。

あなたの会社の「品質管理」の一助になれば幸いです。

このホームページは以下のような構成になっています。

品質管理とは何か

「品質管理とは何か」から、「歴史」、「品質」、「管理」、「全体像」などについて説明します。

品質管理の考え方

「品質管理」の基本的な考え方やで重要な考え方について説明します。

QC七つ道具

「QC七つ道具」について説明します。

新QC七つ道具

「新QC七つ道具」について説明します。

ISO/ISO9000s

「ISO」と「品質管理」に関係する「ISO9000s」の「品質マネジメントシステム」について説明します。

TQC(全社的品質管理)/TQM(総合的品質管理)

「TQC(全社的品質管理)」/「TQM(総合的品質管理)」について説明します。

QCサークル活動

「QCサークル活動」について説明します。

QC工程表(QC工程図)

「QC工程表(QC工程図)」について説明します。

標準化

「標準化」について説明します。

品質管理・品質保証の仕事

品質管理や品質保証の仕事内容(業務内容)について説明します。

品質管理の資格

品質管理の資格で、人気のある、品質管理検定(QC検定)について説明します。

その他

その他の「品質管理」の活動です。

運営者

このホームページの運営者です。


[↑一番上へ]
12:040503

運営者